インド人街「BRICK FIELDS(ブリックフィールズ)」

マレーシアの人口の約7%はインド系の人たちです。
彼らは南インドをルーツとし、その文化を感じることのできるのがクアラルンプールにあるインド人街「BRICK FIELDS(ブリックフィールズ)」です。

「BRICK FIELDS」は、KLセントラル駅から南に歩いて5~7分ほど行くとあります。

エリアの入り口辺りには、インドらしい像のオブジェがあります。
道路の両脇にアーチ状のオブジェがあり、雰囲気が一気に変わるので、すぐにここがBRICK FIELDSだとわかるでしょう。とても分りやすいです。

このエリアには、インド系の商店や雑貨屋さん、ブティック、飲食店がたくさん立ち並び、クアラルンプールの中でもまた違った雰囲気のエリアです。

コンビニのような商店には、インドの食材や大量の香辛料が量り売りで売られてます。

ここに来たら、ぜひ食べたいのは、「バナナリーフカレー」。
バナナの葉をお皿にして食べるインドカレーは、日本ではなかなか味わえないので、ぜひチャレンジしてください。
初めての場合、注文しようと思ってもメニューには書かれていなくて、困るかもしれませんが、口頭で注文すればバナナの葉をテーブルに敷いて出してくれますよ。

バナナリーフカレーばかりではなく、いろいろなインド料理を食べることができます。
料理が並んでいるところに行って、目で見て自分の食べたいものを選んで食べることもできます。
インド料理は、美味しくてとても安く食べられるのでとてもお得です。
ただし、とっても辛いです。(笑)

たくさんのレストランがありますが、人気のお店は、「Sri Kortumalai Pillayar」。
立地的にも分りやすく、間口が広くて入りやすいので、私もここを良く利用します。

クアラルンプールに遊びに行った際には、ぜひインド人街「BRICK FIELDS(ブリックフィールズ)」にも行ってみて下さい!

 

≪関連記事≫

KLセントラル(KL Sentral)エリア

バナナリーフカレー(Banana Leaf)【マレーシアグルメ情報】

 

Shintaro Akanauma

Shintaro Akanaumaアクティス株式会社 代表取締役

投稿者プロフィール

日本で経営コンサルティング会社を経営しており、中小企業のマレーシア進出支援にも力を入れています。
家族はマレーシア、クアラルンプール近郊に在住しており、私も毎月マレーシアと日本を行き来していますので、その中で得た生の情報をお届けいたします!

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 2018-6-9

    マレーシアという国

    マレーシアについて マレーシアは、東南アジアのマレー半島南部とボルネオ島北部を領域とする東南アジア…

おススメ記事

  1. マレーシアのビジネス環境 マレーシアは、シンガポールと並んで「東南アジアの優等生」として発展を続け…
  2. 「オープンハウスがあるから行かない?」 と、ママ友に誘われ、オープンハウスが何か全く分からない…
  3. マラッカ(Melaka) マラッカは、マレー半島西海岸南部に位置する港湾都市であり、マラッカ州の州…
  4. クアラルンプールでは、電車と配車サービスのGrabを活用することで快適に移動することが出来ます。 …
  5. ローカルの友人に教えてもらったお店、かなり面白いお店でした! その名も「UNKNOWNZ.」 …

Check!!

  1. 2018-6-11

    マレーシアでの飲食業ビジネス

    私の日本のお客様には飲食業が多くいらっしゃいます。 そこで、飲食業のマレーシア進出という視点を持っ…
  2. 2019-2-16

    プールサイドの絶景BAR「WET Deck at W Kuala Lumpur」

    クアラルンプールと言えば、ペトロナスツインタワー! 夜にライトアップされたツインタワーは本当にキレ…
  3. 2018-12-24

    飲食業のマレーシア進出 クリアすべきハードル

    飲食業のマレーシア進出 日本の企業がマレーシアに進出するためには、いくつかのハードルをクリアしなけ…
2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る