KLCC(Kuala Lumpur City Centre)

マレーシアの顔“KLCC”

KLCC(Kuala Lumpur City Centre)は、近代的な高層ビルが立ち並ぶ、クアラルンプール最大の商業、ビジネス街であり、マレーシアの顔となるエリアです。
高さ452メートルの高さを誇るペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Tower)は、クアラルンプールのシンボル。41階のスカイブリッジからは、クアラルンプール市内を一望することが出来ます。
ツインタワーの下にはクアラルンプールでも有数の大型ショッピングモール、スリアKLCC(SURIA KLCC)があり、ブランドショップやお土産屋さん等が多数揃っています。日本でお馴染みの伊勢丹や紀伊国屋、ユニクロなどの日系の店舗も入っています。

ショッピングセンターの外には噴水があり、デートスポットにもなっています。

動画もアップしましたので、ご覧ください!^^

ちなみに、スリアKLCCの4階には、「ペトロサインス」という国営石油会社のペトロナスが運営する、体験型の科学館があり、子供から大人まで楽しめておススメです。
想像以上に広く、全て見て回るのに半日くらいかかりますので、時間に余裕を持っていくほうが良いです。私は、軽い気持ちで行ってしまい、最後まで見ることが出来ずにタイムアップとなってしまいました・・・。(笑)

 

KLCC周辺は、グランドハイアット(Grand Hyatt)、 シェラトン・インペリアル(Sheraton Imperial)、シャングリ・ラ(Shangri-La)、マンダリン オリエンタル(Mandarin Oriental)など5つ星のラグジュアリーホテルが沢山あります。

部屋によっては、ペトロナス・ツイン・タワーが部屋の窓からきれいに見え、夜景が最高です!

Shintaro Akanauma

Shintaro Akanaumaアクティス株式会社 代表取締役

投稿者プロフィール

日本で経営コンサルティング会社を経営しており、中小企業のマレーシア進出支援にも力を入れています。
家族はマレーシア、クアラルンプール近郊に在住しており、私も毎月マレーシアと日本を行き来していますので、その中で得た生の情報をお届けいたします!

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 2020-1-7

    2020年マレーシアの祝日、祭日カレンダー

    マレーシアは、多民族な国なので、祝日もそれぞれの民族や宗教の祭日や祝日があり、連休も多くあります。 …

おススメ記事

  1. マレーシアで食べた料理を紹介する【マレーシアグルメ情報】第3弾は、「経済飯(けいざいめし、エコノミー…
  2. クアラルンプール視察セミナー3日目、最終日は、お土産購入とクアラルンプール郊外主要エリアの見学へ。 …
  3. 「毎週月曜日夜7時半からナイトマーケットがあるよ! ショップカーに野菜やお肉を乗せてローカルのおじ…
  4. 11月1日~3日の3日間で開催した、飲食業向けのクアラルンプール視察セミナー。 初日は参加でき…
  5. KLセントラル(KL Sentral)エリアは、クアラルンプール市内南部に位置する陸上交通のハブであ…

Check!!

  1. 2019-8-12

    入り口が分かりにくいBar UNKNOWNZ.

    ローカルの友人に教えてもらったお店、かなり面白いお店でした! その名も「UNKNOWNZ.」 …
  2. 2021-6-8

    【対談動画】マレーシア進出にビジネスチャンスはあるか?(TKインターナショナル 阿部慎吾社長)

    日系中小企業にとってのマレーシア進出のビジネスチャンスとは。 上手なマレーシア展開方法や現地パ…
  3. 2019-2-10

    バナナリーフカレー(Banana Leaf)【マレーシアグルメ情報】

    マレーシアの食文化は、多岐にわたりますが、マレーシアの人口の約7%がインド系の人たちという事もあり、…
2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る