ナシレマ(Nasi Lemak)【マレーシアグルメ情報】

私の最も好きなマレーシア料理は、チキンライスですが、マレーシアのローカル飯といえば、「ナシレマ(Nasi Lemak)」です。

マレー系、中華系、インド系問わず、マレーシア人の国民食といえば、ナシレマだと言えるでしょう、

「ナシレマッ」や「ナシルマ」と書かれていることもあります。

「ナシ(Nasi)」は、米(メシ)を表します。
日本でもおなじみのナシゴレンのナシも同じです。

「レマ(Lemak)」は、マレー語で脂肪という意味ですが、ここではココナッツミルクのことを指すようです。

つまり、ココナッツミルクで炊いた米という意味ですが、ベーシックなナシレマは、ライスと共にイカンビリスという小魚を揚げたものとピーナッツとキュウリが添えられていて、サンバル(sambal)というローカル辛子味噌がついてきます。

そこにフライドチキンが乗っていたり、牛肉やラムなどが載っている場合もあります。

サンバルは、マレーシア料理になくてはならない調味料の一つで、だいたいのローカル料理についてきて、各お店によって味も少しずつ違い、これを求めてやってくるお客さんもいたりします。

結構辛いので、辛いのが苦手な人には少し厳しいかもしれません。

ナシレマは、小ぎれいにお皿に盛られているものばかりではなく、屋台などで売っている持ち帰り用は、バナナの葉で包まれたものや、ポリ袋に入ったものなどもあり、お昼ごはん用に朝に買っている風景もよく見ます。

屋台で売られているナシレマは、RM2(50~60円)程度で買えてとても安いですが、中身はライスとサンバルと小魚とピーナッツの揚げ物くらいしか入っていないいわば「かけそば」的なものです。

中を開けると、葉っぱで包まれたナシレマが出てきます。

見た目は、とってもイマイチですが、ココナッツライスとサンバルの辛味でザ・マレーシア食!で美味しいですよ。

 

>>>マレーシアグルメ情報の記事一覧はこちら!

Shintaro Akanauma

Shintaro Akanaumaアクティス株式会社 代表取締役

投稿者プロフィール

日本で経営コンサルティング会社を経営しており、中小企業のマレーシア進出支援にも力を入れています。
家族はマレーシア、クアラルンプール近郊に在住しており、私も毎月マレーシアと日本を行き来していますので、その中で得た生の情報をお届けいたします!

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 2018-12-16

    世界最大のフルーツ ジャックフルーツ

    世界最大のフルーツ ジャックフルーツ マレーシアといえばトロピカルフルーツ天国! そして、南…

おススメ記事

  1. ランカウイ島は、マレーシアとタイとの国境にほど近い、アンダマン海に浮かぶ日本の淡路島の約3分の2ほど…
  2. 11月1日~3日の3日間で開催した、飲食業向けのクアラルンプール視察セミナー。 初日は参加でき…
  3. バクテー(肉骨茶)【マレーシアグルメ情報】 マレーシアで食べた料理を紹介する【マレーシアグルメ情報…
  4. 日本人とマレーシア人の仕事の価値観というかビジネスカルチャーには色々と違いがあります。 「郷に…
  5. ラクサ(Laksa)【マレーシアグルメ情報】 マレーシアで食べた料理を紹介する【マレーシアグルメ情…

Check!!

  1. 2018-10-31

    経済飯(けいざいめし、エコノミーライス)【マレーシアグルメ情報】

    マレーシアで食べた料理を紹介する【マレーシアグルメ情報】第3弾は、「経済飯(けいざいめし、エコノミー…
  2. 2019-5-7

    マレーシアで最も美しいビーチ レダン島【前編】

    マレーシアで最も美しいビーチと言われるレダン島に行ってきました! マレーシア観光で有名な島は、ペナ…
  3. 2018-6-11

    マレーシアでの飲食業ビジネス

    私の日本のお客様には飲食業が多くいらっしゃいます。 そこで、飲食業のマレーシア進出という視点を持っ…
2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る