クアラルンプールの電車

クアラルンプールは車社会でタイのバンコク、インドネシアのジャカルタなどの他のASEAN諸国の都市部と同様にラッシュ時間の渋滞はものすごいです。
渋滞にはまると、通常10分程度で着く距離が30分以上、ひどいと1時間くらいかかることになり、とてもとても大変なのです。

そこで、便利なのが東京と同じく電車です。
クアラルンプールは、公共交通機関がそれなりに充実しており、クアラルンプール近郊はLRTというRapid KLが運航している高架鉄道が走っています。

<LRT Kelana Jaya Line(クラナ ジャヤ線)、アンパンパーク駅の路線図>

LRTには、LRT Ampang Line(アンパン線)、LRT Sri Petaling Line(スリ ペタリン線)、LRT Kelana Jaya Line(クラナ ジャヤ線)の3つの路線があり、多くの市民が通勤、通学に利用しています。

日本の山手線並みの運行間隔ですのでとても便利ですし、運賃も安く時間も正確、そして清潔な車両です。
ラッシュ時間はタクシーもGrabもつかまりにくいので、現地の人のみならず、旅行者にとってもLRTを使いこなすと便利でしょう。

クアラルンプールの公共交通機関には、LRTの他にも路線があり、同じくRapid KLが運航しているKLモノレールやマレー鉄道が運航しているKTMコミューターがあります。

また、空港に行く鉄道としては、KLIAエクスプレスという最高時速160kmで走る高速鉄道があり、KLセントラル駅からKLIA(クアラ・ルンプール国際空港駅)までノンストップで28分で到着します。(KLIA2までは33分)
同区間を並行して走る各駅停車(停車駅3つ)のKLIAトランジットもあり、こちらは約40分ほどかかります。どちらも同じ運賃なので、空港からクアラルンプール市街に行きたい場合は、KLIAエクスプレスに乗りましょう。

2014年からエアアジアなどのLCC専用の空港ターミナルKLIA2まで繋がり、KLセントラルからKLIA、KLIA2を結ぶ最速かつ最安値の公共交通機関です。

このように、クアラルンプールは車社会ではありますが、電車もとても充実した街ですので、時間に正確に移動したい時や渋滞を避けたい時には、有効な移動手段です。
ぜひ、活用されると便利だと思いますよ!

Shintaro Akanauma

Shintaro Akanaumaアクティス株式会社 代表取締役

投稿者プロフィール

日本で経営コンサルティング会社を経営しており、中小企業のマレーシア進出支援にも力を入れています。
家族はマレーシア、クアラルンプール近郊に在住しており、私も毎月マレーシアと日本を行き来していますので、その中で得た生の情報をお届けいたします!

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 2018-8-19

    マングローブ林カヤックツアー inランカウイ

    ランカウイ島は、自然がいっぱいの島でアクティビティも自然を楽しむものが中心です。 今回は、マン…

おススメ記事

  1. マレーシアの顔“KLCC” KLCC(Kuala Lumpur City Centre)は、近代的…
  2. マレーシアからシンガポールへ車で入国! 日本では、陸路で国境を越える経験はできないので、初めて車で…
  3. クリスマスシーズンのクアラルンプール クアラルンプールは11月からすでにクリスマスムードとなってい…
  4. バクテー(肉骨茶)【マレーシアグルメ情報】 マレーシアで食べた料理を紹介する【マレーシアグルメ情報…
  5. 私の最も好きなマレーシア料理は、チキンライスですが、マレーシアのローカル飯といえば、「ナシレマ(Na…

Check!!

  1. 2018-6-12

    マレーシアの金曜日の渋滞

    マレーシアに来て初めて使って、今は手放せない配車アプリGrab。 なんて安くて便利なものがあるんだ…
  2. 2018-6-7

    KLCC(Kuala Lumpur City Centre)

    マレーシアの顔“KLCC” KLCC(Kuala Lumpur City Centre)は、近代的…
  3. 2022-6-2

    日本とマレーシアのビジネスカルチャーの違い

    日本人とマレーシア人の仕事の価値観というかビジネスカルチャーには色々と違いがあります。 「郷に…
2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る