絶景ルーフトップバー「Marini’s on 57」

夜のペトロナスツインタワーを目の前に飲めるルーフトップバー「Marini’s on 57」はクアラルンプールのナイトコースの定番とも言えるでしょう。

ペトロナスツインタワーの隣にある高層ビルの最上階にあるこのBARに行くには、エレベーターを3回くらい乗り継いでいくのですが、案内の人が何人もいるので迷わずに行けるでしょう。

建物の入り口はこんな感じです。

途中、空港のように持ち物チェックもあります。

店内は、屋根のあるエリアと屋根のないルーフトップのエリアがあります。

やっぱりおススメは、窓も屋根もなく直接ツインタワーをみることができるルーフトップエリア。
この近さで見るツインタワーは迫力があります!
ただし、屋根がないので、雨が降っているとそこでは飲めません。

ここには、ソファー席もあります!

窓からは、クアラルンプール市内が一望でき、KLタワーも見ることができます。

夜の絶景バーとして、このバーに匹敵する人気のバー、Wクアラルンプールホテルにある「WET Deck at W Kuala Lumpur」を見下ろすことができます。

ザ・クアラルンプールな雰囲気を味わえること間違いなしのルーフトップバー「Marini’s on 57」、おススメです!^^

 

≪関連記事≫
プールサイドの絶景BAR「WET Deck at W Kuala Lumpur」

Shintaro Akanauma

Shintaro Akanaumaアクティス株式会社 代表取締役

投稿者プロフィール

日本で経営コンサルティング会社を経営しており、中小企業のマレーシア進出支援にも力を入れています。
家族はマレーシア、クアラルンプール近郊に在住しており、私も毎月マレーシアと日本を行き来していますので、その中で得た生の情報をお届けいたします!

この著者の最新の記事

関連記事

  1. 2018-6-7

    KLCC(Kuala Lumpur City Centre)

    マレーシアの顔“KLCC” KLCC(Kuala Lumpur City Centre)は、近代的…

おススメ記事

  1. 「オープンハウスがあるから行かない?」 と、ママ友に誘われ、オープンハウスが何か全く分からない…
  2. マレーシアの食文化は、多岐にわたりますが、マレーシアの人口の約7%がインド系の人たちという事もあり、…
  3. 14年連続「住みたい国」No.1のマレーシアの魅力とは? マレーシアでビジネスを行うことのメリット…
  4. マレーシアの人口の約7%はインド系の人たちです。 彼らは南インドをルーツとし、その文化を感じること…
  5. 日系企業が多く進出するマレーシアのビジネス環境について。 日本の中小企業がマレーシア進出する上でビ…

Check!!

  1. 2019-2-9

    インド人街「BRICK FIELDS(ブリックフィールズ)」

    マレーシアの人口の約7%はインド系の人たちです。 彼らは南インドをルーツとし、その文化を感じること…
  2. 2019-6-8

    マレーシアからシンガポールへ車で入国!

    マレーシアからシンガポールへ車で入国! 日本では、陸路で国境を越える経験はできないので、初めて車で…
  3. 2020-2-7

    マレーシアに進出している日系企業

    マレーシアには、多くの日本企業が進出しています。 日本とマレーシアの交流の歴史は古く、2017年に…
2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る